• 【結婚式費用】本当はあてにしたい!ご祝儀のホンネ

結婚するならちゃんと挙式を挙げたいと考えていても、どうしても気になるのは費用ですよね。そのときに、「ご祝儀」が頭をよぎってしまうのは、何もやましいことではありません。一世一代の場面だからこそ、しっかりとお金のことは考えましょう。この記事では神戸で結婚式を挙げる際に知っておくべき、ご祝儀の実情をご紹介します。

兵庫県のご祝儀総額は平均で209万円

ご祝儀の額は各地の風土風習によって異なりますし、総額となると招待客の人数によって変わってきます。

 

結婚情報誌『ゼクシィ』が発表した〈ゼクシィ結婚トレンド調査 2017〉によると、兵庫県のご祝儀総額の平均は209.2万円。関西では、滋賀、大阪に次いで3位です。[注1

 

全国平均が230.7万円と考えると、高級住宅街・芦屋を抱える県にしては意外な気もします。

では招待客別のご祝儀はいくらほどでしょうか

一人あたりのご祝儀平均は4万円ほど

〈ゼクシィ結婚トレンド調査 2017〉の調査では、招待客別のご祝儀に関して以下のような結果が出ています。

(%)

2万円未満 2〜3万円未満 3〜4万円未満 4〜5万円未満 5〜10万円未満 10万円以上 平均額(万円)
友人 98.6 1.4 3.0
上司 1.0 62.4 3.0 32.7 1.0 3.7
親族 11.6 4.1 60.3 24.0 6.9
恩師 60.0 33.3 6.7 4.1

 

 

新郎新婦と招待客との関係性でご祝儀は変わりますが、友人の平均が30,000円、親族の平均が69,000円とすると、おおよそ40,000円が一人あたりの平均的なご祝儀といえます。

 

[注1]〈ゼクシィ結婚トレンド調査 2017〉[pdf

兵庫県における挙式・披露宴の総額平均は354万円

〈ゼクシィ結婚トレンド調査 2017〉では、兵庫県で開かれる結婚披露宴・披露パーティの総額と招待客人数に関してアンケートを実施。

挙式(披露宴も含む)の平均額は354.3万円という結果になっています。

また、招待人数に関しては、7080人未満という回答が16.3%と最多で、次いで8090人未満(15.8%)、6070人未満(14.1%)と続き、平均は60.5人。

 

この結果を踏まえて、目安として、約60人のゲストを結婚披露宴に招待した場合は、約354万円の費用がかかると想定しておくといいかもしれません。

 

そして、披露の平均総額、354.3万円から兵庫県のご祝儀総額平均である209.2万円を引くと

 

354.3万−209.2万=145.1

 

単純計算すると、ご祝儀全額を挙式費用にあてた場合でも、145.1万円は自分たちで負担することになります。

実費負担分は貯金や親からの援助で対応

145.1万円が実費となると、気になるのが貯金額。

株式会社マイナビが運営する女性総合サイト「マイナビウーマン」が実施した、20代の女性を対象に貯金額に関するアンケートでは、47.9%が貯金額200万円未満という結果になりました。[注2

 

男性側が貯金しているとしたら、145.1万円を十分まかなえそうですが、貯蓄すべてを挙式費用に使うケースは少ないかと思います。

親や親族からの援助総額は全国平均182万円

〈ゼクシィ結婚トレンド調査 2017〉は、親・親族からの援助に関してもアンケートを実施しており、新婚夫婦全体の76.1%が援助はあったと回答しています。

その額は全国平均で182万円。

自分たちの貯金とあわせれば、145.1万円を実費負担することは問題なさそうです。

 

ですが希望する挙式の規模や内容によって費用は異なってきますし、婚約・結婚指輪、新婚旅行などを含むと、さらに費用がかかる場合もあります。

 

[注2]20代女子の貯金額、平均は?|「マイナビウーマン」

結婚式を挙げるならブライダルフェアを活用

金銭面を考慮すると、どこまで自分たちの望む挙式・披露宴を開催できるか迷ってしまうかもしれません。

そんなときは、結婚式場が主催する結婚式体験イベント、ブライダルフェアを活用しましょう。

 

deuxzero(デゼーロ)」では、さまざまなブライダルフェアが開催されており、料理にこだわりたい、ウエディングドレスを試着したいなど、希望にあわせた結婚式を体験できます。

いずれのフェアも式場スタッフとの相談会を実施。費用に関してはもちろんですが、少人数でアットホームな式を挙げたい、演出に凝りたいなどの希望も相談してみましょう。

また、公式サイトからブライダルフェアを予約した場合、ウエディングブーケやケーキのプレゼントなどの特典がつきます。

 

せっかくのハレの日なのにお金のことばかり考えていると、辟易(へきえき)してくるかもしれません。しかし「備えあれば憂い無し」というように、事前知識を取り入れておけば不安なく式に臨めるはず。

 

結婚を考えている、結婚式を挙げるかどうか決まっていないという人は、ぜひ一度ブライダルフェアへの参加を検討してみてください。

 

フェア一覧はこちら

フェアのご案内

結婚式体験や試着など、なんでも相談できるフェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

デゼーロのSNSをフォロー

instagram