• 結婚式費用の相場は?内訳・分担方法から節約方法まで解説

    結婚式費用の相場は?内訳・分担方法から節約方法まで解説

婚約後に結婚式の準備を進めていくうえで、まず気になるのは費用面ですよね。
「結婚式って結構お金がかかりそうだけどいくらあればいいのかな…」
「なんとかして安くできないかな…」
などお悩みの方も多いでしょう。

この記事では、結婚式費用の相場について解説します。
内訳や分担方法から、節約するための方法まで詳しくご説明しています。
費用面での不安を解消したうえで、安心して結婚式の準備を進めていきましょう。

結婚式の費用相場は?

一般的な結婚式の費用は、ゲストは70名ほどで、300万円から350万円です。挙式・披露宴を合わせた費用の平均は全国で約354.8万円となっています。

(出典:結婚式費用の相場|ゼクシィ結婚トレンド調査2017より

 

しかし、結婚式の費用相場は、何名のゲストを招待するか、どれくらいこだわるかによって変わってきます。また、ゲストから集める会費があり、ご祝儀もいただくため、これを全て新郎新婦で負担するわけではありません。

では、結婚式の費用相場をイメージするために、結婚式費用の相場を、過去1年に挙式・披露宴を実施した花嫁に対するアンケート調査の結果とともに見てみましょう。

 

以下は、挙式・披露宴における最終的な金額についての問いに対する回答です。

1位は、300万円~350万円で、15.1%、
2位は、400万円~500万円で、12.4%、
3位は、350万円~400万円で、10.9%です。
(出典:2016年 みんなのウエディング白書

結婚式の費用は、ゲストの数によっても相場が変わります。

では、だいたい何名くらいのゲストを呼ぶのが平均的なのでしょうか。

 

披露宴・披露パーティーでの招待ゲストの数の回答は、以下のようになっています。

1位は60~70人未満で14.8%、
2位は70~80人未満で13.7%、
3位は50~60人未満で12.7%です。
(出典:2016年 みんなのウエディング白書

結婚式に招待する一般的なゲストの人数は、70人前後です。ゲストを多く呼べば呼ぶほど費用相場は高くなっていきますが、多く呼べば呼ぶほどご祝儀をたくさんいただけるので、お二人の負担額はどんどん減っていきます。

結婚式費用の内訳

上でも述べたように、挙式・披露宴を合わせた費用の平均は全国で約354.8万円です。※

ですが、ゲストの方に出す料理やウエディングドレスなどの衣裳をはじめ、結婚式に必要となるアイテムにどれほどこだわるかによって、値段が大きく変わってきます。

結婚式費用の内訳について、代表的な出費項目について、平均的な費用を挙げながら見ていきましょう。

 

(出典:結婚式費用の相場|ゼクシィ結婚トレンド調査2017より

 

項目 平均費用
挙式代 30.4万円
料理・飲み物代 1.3~2万円 / 人
衣装代 ウエディングドレス23.0万円

カラードレス16.3万円

新郎衣装25.6万円

装花代 16.9万円
写真代 21.8万円
引き出物・引菓子代 引き出物5300円、引菓子1300円

挙式代:5~20万円

挙式を行う際にかかる費用のことを挙式料といいます。キリスト教式・人前式・神前式などから選びます。キリスト教式・人前式の場合は、10~20万円が相場です。神前式の場合は、5~15万円ほどですが、挙式の際の音響や照明、映像などの演出代を含めると、挙式の平均は30.4万円となっています。

 

挙式の際の音響や照明、映像などの演出代を含めると、挙式の平均は30.4万円となっています。

挙式の際の音響や照明、映像などの演出代を含めると、挙式の平均は30.4万円

料理・飲み物代:1.3~2万円

披露宴でゲストに振る舞う料理や飲み物にかかるお金です。最近はフレンチだけでなく、イタリアンや中華、和洋折衷などジャンルはさまざまです。

ゲスト1人あたりの料理代の相場は、1.3万~2万円ほどで、挙式スタイルによっても変わります。

 

一般的には料理とは別に料金が発生しますが、料理代と合わせて金額を設定している会場もあります。飲物代の相場は、1人につき3~5千円ほどです。どのような形式で、どのような種類のドリンクを出すかによって変わります。

 

料理・飲物代のひとり当たりの平均費用は1.9万円、全体を合わせた平均費用は122.6万円となっています。

料理・飲物代のひとり当たりの平均費用は1.9万円、全体を合わせた平均費用は122.6万円

衣装代:40~100万円

ウエディングドレスや打掛などの新婦が着る衣装と、タキシードや紋付袴などの新郎が着る衣装にかかるお金です。

 

お色直しをする場合は、カラードレスなどの衣装代がかかります。

また、その際にはさらに着付け代・ヘアメイク代が加算されます。購入するか・オーダーメイドで作るか・レンタルするか、式場の提携店から選ぶのか・自分で持込みをするかなどによっても大きく金額が変わります。

 

新婦衣装では、ウエディングドレスの費用の平均は23.0万円、カラードレスの費用の平均は16.3万円となっています。新婦の衣裳は、64.8%が2着用意するようです。

新郎衣装では、平均は25.6万円となっています。

新郎の衣装は47.3%が1着、45.4%が2着用意しています。

新婦衣装では、ウエディングドレスの費用の平均は23.0万円、カラードレスの費用の平均は16.3万円

装花代:20~40万円

挙式や披露宴会場に飾られる装花にかかるお金です。会場装花にかかる費用はおよそ20~40万円です。お花を飾る場所は、 ゲストの座るテーブルやエントランスだけでなく、階段、化粧室、式場のお庭など、様々な場所が挙げられます。お花を飾る場所やお花の量、お花の種類、造花なのか生花なのかによっても、金額が異なります。

 

装花代の平均費用は、16.9万円となっています。式場の基本プランに含まれている場合もあります。

装花代の平均費用は、16.9万円

写真代:10~25万円

結婚式当日の写真撮影にかかるお金です。

挙式撮影と、集合写真などの指定撮影・披露宴撮影がセットになっていることが多く、およそ5~10万円程度かかります。さらに、受け取る写真の量やサイズによってかかる金額は変わってきますが、最近はアルバム付きのプランも多いです。アルバムを含めた金額は10~25万円程度です。式場外部のカメラマンに写真を依頼する場合は、持込料がかかる場合もありますが、やはり会場を知り尽くしたカメラマンに依頼しないと大切なシーンを取り逃してしまいます。

 

スナップ写真の平均費用は21.8万円となっています。アルバム製本とデータの入ったCDがセットになっている場合が多く、カット数は300~400枚くらいが一般的です。

写真代は、アルバムを含めた金額は10~25万円程度

引き出物・引き菓子:約5~5.5千円 / 1~1.5千円 (一人あたり)

引き出物・引き菓子を用意するのにかかるお金です。

結婚式に来てくれたゲストに対し、感謝の気持ちを表すための贈り物を引き出物・引き菓子と言います。品物の数や内容、贈る相手によっても金額が異なります。式場の提携外部から品物を用意する際には持込料が発生する場合がほとんどなので、式場で併せて用意してもらうのが無難です。

 

贈る相手によって金額を変えるのが一般的ですが、引出物・引菓子の1人あたりの平均金額は5300円、引菓子ひとりあたりの平均金額は1300円となっています。

引出物・引菓子の1人あたりの平均金額は5300円、引菓子ひとりあたりの平均金額は1300円

結婚式費用の分担方法

結婚式費用を支払う際には、親や親族からの援助の金額や、両家の負担額の割合などを考慮する必要があります。

一般的にどのように分担されているのかを紹介していきます。

親や親族からの援助

親や親族からの費用を援助してもらう場合もあります。その際には、どれほどいただくのが一般的なのでしょうか。

まずは、新郎新婦が自分たちで負担した金額はどれほどなのか見ていきましょう。

 

1位は、150万以上で 23.8%、
2位は、50万円未満で23.5%、
3位は、50万円100万円未満で20.7%です。

(出典:2016年 みんなのウエディング白書

多くの人が50万円以上を負担しているようです。

 

では、親や親族から費用負担を援助してもらった人はどれくらいいるのでしょうか。

1位は、「新郎新婦のご両親から援助あり」で47.48%、
2位は、「援助は一切なかった」で 29.84%、
3位は、「どちらかの両親からの援助あり」で22.68%です。
(出典:2016年 みんなのウエディング白書

 

実際に、結婚式費用を親に負担してもらっているカップルは少なくありません。

親や親族からの援助をうけるかどうかは、本人同士でよく話し合いましょう。

両家の分担方法

結婚式を円満に実施するためにも、両家がいくらずつ支払うかなど費用の分担については、最初に話し合っておくのがいいでしょう。援助を受ける場合は親や親族も含め、関わる人の意見を合わせて支払いのルールを決めておきましょう。

 

ではその分担にはどのような方法があるのでしょうか。

共通口座型

共通口座に、2人の貯蓄や、親や親族からもらった援助金・お祝い金など、結婚式費用に使えるお金をまとめてそこから支払いをする方法です。

 

2人に充分な貯蓄があれば、2人の貯蓄は1つの共通口座にまとめて、それぞれの親や親族からの援助は今後のために、各自で管理する方法をとってもいいでしょう。

貯蓄が少ない場合には、親や親族からの援助金を共通口座に入れて、不足分の払い方を2人で相談していく方法もあります。

両家分担型

どちらが何にいくら払うかを決めて、分担しあう方法です。

結婚式費用の合計金額を、両家で平等に折半するという方法もあります。新婦の衣裳やヘアメイク、エステ代など、一部のアイテムのみ別々に負担してもいいでしょう。

 

新郎側と新婦側で、7対3、もしくは6対4で分担する方法もあります。このように、結婚式の費用を男性側に多く負担してもらう場合には、新居の家具にかかる金額の負担を女性側がするなどしてバランスをとるのもいいでしょう。

また、合計金額をゲストの人数で分ける方法もあります。結婚式に招待するゲストの人数に、両家の間で差がある場合には、料理や引き出物にかかる金額のを人数比で負担する方法もあります。

結婚式費用を節約する方法

では、結婚式費用を節約する方法についてご紹介します。

予算を考えると、先にあげたような各項目について、すべて希望通りに取り入れるのは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

結婚式費用をうまく抑えるためには、各項目の内容をしっかりと理解して、お金をかけるところと節約するところをハッキリさせておくことが重要になります。

 

まず、人気の低い日程・時間帯を選ぶ方法があります。

お日柄を気にしない人、休日が忙しい人にはオススメです。

暦にこだわらない日にちや、夕方から夜にかけた時間帯など、比較的予約が埋まりづらくなっている日程を選ぶことで、結婚式の費用を節約することができます。

結婚式費用をうまく抑えるためには、各項目の内容をしっかりと理解して、お金をかけるところと節約するところをハッキリさせておくことが重要

仏滅プランを利用する

仏滅とは、暦の運勢を表す「六曜」のなかで、「凶」とされている日のことです。結婚式の日程は、「大安」や「友引」などのお日柄の良い日を選ぶ人が多いです。

特にご年配の方や、日本の風習を重んじる方は、「仏滅」の日にお祝いである結婚式を行うのはふさわしくないと考える方も多いようです。

そのため、仏滅である場合には、土日や祝日でも式場の予約が取りやすいです。通常よりお得なプランを利用できる式場もありますので、気にならないという人はチェックしてみてください。最近は、「仏滅は1番良くない日と言われているからこそ、あとは良くなっていくしかない!」との思いで、「仏滅が一番良い日」と考えられる方も多くいらっしゃいます。

 

神戸での結婚式をご検討中の方は、デゼーロの仏滅プランがオススメです。挙式料・会場費を5万円ずつお値引きし、前撮り衣装・美容着付も60%OFFになります。是非ご検討ください。

 

神戸の結婚式場「デゼーロ」の仏滅特典プランはこちら

平日プランを利用する

お仕事などゲストの都合を考えて、結婚式が行われることが多いのは土曜、日曜、祝日です。そのため、比較的需要の少ない平日には、お得なプランを用意している式場もあります。さらに平日は、他のカップルと結婚式の日程が被る可能性も低いため、会場を貸切ることができる場合もあります。休日にこだわらないという人は、チェックしてみてくださいね。

 

神戸での結婚式をご検討中の方は、デゼーロの平日プランがオススメです。挙式料が50%、前撮り衣装・美容着付が60%OFFになります。是非ご検討ください。

 

神戸の結婚式場「デゼーロ」の平日特典プランはこちら

ナイトウエディングプランを利用する

夕方から夜の時間帯にかけて行う結婚式のプランを用意している式場もあります。ゲストの都合を考えて、夕方から夜の時間帯よりも午前中からお昼ごろまでの時間帯を選ぶ方が多いです。そのため、夜の時間帯には通常よりもお得な価格のプランが利用できる場合もあります。

キャンドルやイルミネーション、花火など、夜だからこそのロマンティックな演出も楽しめるので、敢えて夜に行う方も増えてきています。

 

神戸での結婚式をご検討中の方は、デゼーロのナイトウエディングプランがオススメです。式料が50%、前撮り衣装・美容着付が60%OFFになります。是非ご検討ください。

 

神戸の結婚式場「デゼーロ」のナイトウエディングプランはこちら

その他のお得なプランを利用する

さまざまな式場で、「○月のみ」「WEB予約限定」など、式場独自のさまざまなお得なプランが設定されています。通常の価格より割引されたり、「持ち込み無料」などの特典が付くこともあります。

いろいろと調べて比較してみるのも、結婚式費用を節約するコツです。

 

神戸での結婚式をご検討中の方は、デゼーロの各種お得なプランがオススメです。公式ホームページ予約特典プラン、お急ぎ特典プランなど、お客様の状況に応じた多種多様なプランを取り揃えております。是非ご検討ください。

 

神戸の結婚式場「デゼーロ」の各種割引プラン一覧はこちら

持ち込みアイテムを使う

結婚式に必要なアイテムを持参することでも 、結婚式の費用を抑えることができます。

最近では、招待状、席札、メニュー表などのペーパーアイテムや会場の装飾用のアイテムなどを、式場に頼まずに自分たちで用意するというカップルも増えています。

式場に依頼したり外部の業者へ発注したりするのではなく、このようなアイテムを持ち込みにすることによって費用を大幅に抑えることが可能になりますし、オリジナリティを出すこともできます。しかし、持ち込み料金が発生する会場もあるので、よく確認しておきましょう。

まとめ

結婚式の費用相場から、親や親族の援助の有無とその金額、そして両家における費用の分担方法についても解説しました。どのような分担方法をとるにせよ、当人間でよく話し合って最初にルールを決めておくとよいでしょう。

日程や時間帯、時期などによっては価格を安く抑えられますし、お得なプランや持ち込みを利用することも検討してみてくださいね。

日程や時間帯、時期などによっては価格を安く抑えられますし、お得なプランや持ち込みを利用することも検討してみてください

費用感がわかったら、会場選びに移りましょう。

神戸での結婚式ならデゼーロがオススメです。

挙式体験やスイーツ無料試食の大満喫フェアなどのさまざまなウエディングフェアをおこなっており、数々のお得プランもご用意しております。

ぜひ一度訪れてみてください。

 

お得なプランも多数!神戸の結婚式場デゼーロはこちら

フェアのご案内

デゼーロの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

デゼーロのSNSをフォロー

instagram