• 結婚式はもう目の前!やっておくべきこと5選【最終確認編】

結婚式を挙げるにあたり、さまざまな手続きや準備をする必要があります。そこで意外と忘れやすい事柄を5つピックアップ。ギリギリになって慌てないためにも、ぜひチェックを!

忘れてない?準備で最終確認すべきこと

まだまだ先だと思っていた結婚式も、忙しくしているうちにもう目の前なんてことも。2人にとって、そして結婚式に出席してくださるゲストにとって思い出深い1日になるよう、結婚式の準備の最終確認をしましょう。

1.花嫁の手紙と新郎の謝辞の内容チェック

両親に改まって手紙を書く機会はそうそうありません。だからこそ、精一杯の感謝の気持ちを込めましょう。とはいえ、感情のおもむくままに言葉を書き連ねるのはNG。ゲストの方々に失礼のないように、手紙の内容や言葉遣いなどにも注意を払いましょう。

結婚式や披露宴を締めくくる新郎の謝辞も、ダラダラと長すぎないように注意。結婚式に出席してくださったゲストへの感謝、新しい人生への抱負を語りましょう。短くて2分、長くても5分以内には収まるような長さがオススメです。

2.両親へのプレゼント

感謝の気持ちを込めて花束を贈ったり、最近では記念品を贈るカップルも増えています。式直前になって適当なアイテムで妥協しないためにも、前もって両親へのプレゼントを準備しておきましょう。

3.スピーチや余興などをお願いした方へのお礼の準備

スピーチや余興などをお願いした方々へのお礼の準備はできていますか?結婚式当日に直接お礼を述べられれば良いのですが、慌ただしくてチャンスがないことも。念のため感謝の気持ちをしたためたメッセージカードを用意しておきましょう!

4.ウェディングプランナーへの最終確認

早い段階で最終打ち合わせの日程を決定し、逆算して計画を立てていきましょう!式の2週間前には、最終見積もりのチェックや式当日のタイムスケジュールのチェックができればいいですね。

また、ウェルカムスペースを飾るアイテムや高砂に飾るアイテムなど、結婚式場への搬入物とそれらのアイテムの配置についても細かく確認しておくことも忘れずに。

5.当日結婚式場に持ち込む荷物のチェック

喜びと興奮、そして緊張のあまりうっかり忘れものをして、冷や汗をかくことのないように持ち込む荷物をリストにまとめるのがオススメです。ブライダルインナーや靴下(もしくはストッキング)、汗対策アイテムなども用意しておけば安心です。

忘れてない?準備で最終確認すべきこと

段取りや準備についてのチェックリストを作成すれば、その都度「何が済んだか」、「何を優先してすべきか」などが丸わかり。先輩花嫁さんたちの意見も参考にしながら、着実に準備を進めていきましょう♪

フェアに参加して不安を解消

新郎新婦のお二人が力を合わせれば、必ず素晴らしい結婚式へと導くことができる一方「新郎or新婦のモチベーションが上がらない!」「そもそも準備って何からすればいいんだろう…?」と悩みはどんどん増えていきますよね。ですが!そんな時こそウェディングプランナーにご相談ください!悩みを減らして楽しい結婚式の準備をしたい方は、このサイトをチェックして見て♪

 

♡メールや電話で悩みを相談したい方はこちら!

https://www.deuxzero.net/consultation/

♡お好きな日程から顔を合わせて相談したい方はこちら!

https://www.deuxzero.net/fair/?calendar=select

実際に結婚式場を見ながら相談するとやりたいこともどんどん纏まっていくかも♪美味しいスイーツの食べられるフェアもありますよ!↓↓↓

フェアのご案内

結婚式のイメージが膨らむブライダルフェアはこちら↓↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

デゼーロのSNSをフォロー

instagram