• ブライズメイドと盛り上げる!結婚式の演出アイデアを紹介

    ブライズメイドと盛り上げる!結婚式の演出アイデアを紹介

海外ドラマや映画で良く見るブライズメイド。
お揃いの衣装で華やかに着飾った友人たちと過ごす花嫁の姿は、とても憧れちゃいますよね。
日本でもブライズメイドを結婚式の演出として取り入れる人が増えていますが、海外と比べるとまだまだ少数派。
ブライズメイドをやってみたいけど、やり方が良く分からない…と悩む人もいるのではないでしょうか。
今回は、ブライズメイドのやり方や盛り上がる演出方法についてご紹介します。
簡単にできるものばかりなので、ぜひ結婚式のアイディアに取り入れてみてくださいね。

 

ブライズメイドって何をするの?

ブライズメイドと歩く花嫁

ブライズメイドとは

ブライズメイドは、英語で表すとBridesmaid。直訳すると「花嫁のお世話役」という意味になります。ブライズメイドに選ばれた人は、結婚式の間、花嫁に付き添い、身の回りのお世話をする役割を担います。その由来は、さかのぼること中世のヨーロッパ。新郎新婦と同じ衣装を着た人々が結婚式に立ち会うことにより「誰と誰が新郎新婦か?」分からなくすることで、二人を狙う悪魔の目をくらませたのが始まりとされています。

ブライズメイドって誰に頼むの?

ブライズメイドは、新婦と近い関係にある人にお願いするケースがほとんどです。独身の新婦の友人や同僚、姉妹・従妹といった女性の親族が中心となります。元々親しく、関係性が深い人にお願いするのが一般的です。

お揃いのドレスで一体感が生まれる

一般的な結婚式では、参列者の服装を揃えるということはあまりありませんよね。ブライズメイドの場合は、全員お揃いのドレスに身を包み、結婚式に参加します。そのため、誰か一人だけ衣装が目立ってしまうことや、全員黒い衣装でまるでお葬式みたいに…なんてことがなくなるのもメリットです。
ブライズメイドは、お揃いの衣装なので写真映えも抜群。
フォトブースや披露宴会場で写真を撮る際も花を添えてくれます。色々なポーズや表情で何枚でも写真を撮りたくなってしまいますね。一緒に写真を撮られるゲストの方も自然と笑顔になりますよ。

ブライズメイドと写真を撮る花嫁

友人や家族と一緒に結婚式をつくれる

挙式に参列して食事をして…という一般的な結婚式とは異なり、ブライズメイドはゲスト自身も楽しみながら、新郎新婦様と一緒に結婚式を作ることができます。
お二人にとって一生に一度の結婚式が、大切な友人や親族にとっても忘れられない思い出になることは、とても素敵で幸せなことですよね。
このように、ブライズメイトは結婚式に華やかさをプラスしてくれ、より一層関係性も深まる素敵な演出なのです。

ブライズメイドの演出方法5選

①新婦入場のエスコート役

ブライズメイドの登場ポイントは、挙式や披露宴の様々な場面にあります。
まず印象的な演出になるのは、新郎新婦様の登場シーン。
ブライズメイドがエスコート役として先に立つことで、会場を和ませる華やかな雰囲気を演出できます。新郎新婦様の登場シーンは絶好のシャッターチャンスでもあります。
そこにブライズメイドが加わることで、結婚式の祝福ムードも最高潮に高まりますよ。

新婦入場のエスコート

②アイルランナーを敷く役

アイルランナーとは、チャペルのバージンロードに敷く長い布のこと。
オリジナルのものを用意する人も増えています。
新郎新婦様の登場前に、アイルランナーを敷く役をブライズメイドに頼むのも、厳かな雰囲気で素敵な演出になります。

アイルランナー

③リングレディ

親戚の子供や姪っ子にお願いするのが定番の「リングボーイ、リングガール」。
お二人の元へ結婚指輪を届ける大役です。その役をブライズメイドにお願いするのはいかがでしょうか。
リングガールならぬリングレディとして、ブライズメイドを登場させちゃいましょう。

リングレディ

④結婚の証人

人前式では、誓いの言葉の後に婚姻届けにサインする「結婚の証人」が必要です。
新郎新婦側からそれぞれ1人ずつ選ぶため、一番大切な友人に頼みたいこの役割。
ブライズメイドがいるのであれば、彼女たちにお願いするのも良いアイディアです。
せっかくなのでブライズメイド全員の署名をいただく演出にすれば、沢山の人に祝福を受けた素敵な思い出の挙式になります。

結婚の証人

⑤お色直しの入退場

お色直し

新婦様のお色直し前には、誰かを指名して一緒に中座する(退場する)演出が良くありますよね。
ここでもブライズメイドは大活躍。
新婦様をエスコートしながらみんなで高砂から扉まで移動する演出で、披露宴会場の雰囲気もわっと盛り上がります。ブライズメイドも一緒にお色直しをして、入場すれば新婦様の華やかなドレスに花を添え、まるでファッションショーのモデルのような演出でゲストも盛り上がりそうですね。

その他にも、受付をお願いしたり、一緒に写真撮影をしたり、二次会の演出に加わってもらったりするのも良いですね。
ブライズメイドをお願いする人たちに負担がかかりすぎない範囲で、色々相談しながら演出を決めましょう。

 

おすすめブライズメイドのコーディネート3選

ブライズメイドのドレスの選び方って?

ブライズメイドの衣装は、友人同士で話し合い、みんなで洋服を買いに行く事が多いようですが、新郎新婦がブライズメイドをお願いするお礼も込めてドレスをプレゼントすることもあるようです。
ドレス選びは女性にとって一番楽しい時間。
とびっきり素敵なドレスや小物をテーマに合わせて用意して、準備段階から結婚式を楽しんじゃいましょう!

 

☆ドレスの選び方のポイント
①地味にならないこと

ブライズメイドの元々の役割は、花嫁と同じような衣装を着て悪魔を追い払うこと。
よって、衣装は花嫁と近しいものが良いとされています。
主役は花嫁だから、引き立て役だから…といって、地味すぎるドレスは寂しいものです。とは言え、結婚式のマナーとして花嫁より目立ってしまうのはNG。
ほどよく華やかで、新郎新婦様の雰囲気に合うものがベストです。

ブーケを持つブライズメイドと花嫁

☆ドレスの選び方のポイント
②統一感のあるドレス

ブライズメイドは2~5名程度の女性にお願いするケースが多いのですが、大切なのは統一感です。
新郎新婦様の衣装を選ぶのと同様に、ブライズメイドのドレスも結婚式のテーマに合わせたものを選びましょう。
全員で全く同じドレスを身に付けるパターンもありますが、色(色味)、
またはドレスの形(デザイン)のいずれかが揃っていれば、ブライズメイドとしてはOKです。
テーマカラーで統一したり、新婦のカラードレスの色と合わせたりするのも華やかさがありGOODです。
ブライズメイドそれぞれの個性によって、違うドレスの形を選ぶのも素敵ですね。

グリーンのドレスを着たブライズメイド

おすすめコーディネート①ミニ丈ドレスで華やかに

ブライズメイドの衣装としておすすめなのは、ミニ丈ドレスです。
一般的な結婚式では、膝上ドレスはマナー違反とされることもありますが、ブライズメイドの演出としてはOK。お手伝いしていただく際も裾を気にせず動けますし、ロングドレスの花嫁を引き立て、華やかさを演出してくれます。

ミニ丈ドレスのブライズメイド

おすすめコーディネート②カラーで遊ぶのがおしゃれ

ピンクやグリーン等、色味だけ揃えてドレスに濃淡を付けるのも良いアイディアです。薄い色から濃い色へ、グラデーションになるように一列に並んでもらうと、とっても写真映えしますよ。また、ブライズメイドの個性に合わせて、それぞれのイメージカラーでカラフルに着飾ってもらうのも素敵で華やかになります。

花嫁に寄り添うブライズメイド

おすすめコーディネート③結婚式のテーマに沿ったスタイルがかわいい

例えば南国リゾート風ならトロピカル調、ナチュラルウエディングなら淡いアースカラーなど…結婚式のテーマに合わせてブライズメイドのドレスを選ぶ方法もあります。
和装の結婚式なら、ブライズメイドも着物を着ていただく演出も素敵ですよ!

後ろ姿のブライズメイドと花嫁

まとめ

いかがでしたでしょうか?ブライズメイドのおすすめ演出方法のご紹介しました。
ブライズメイドの中で次回結婚が決まった方がいらっしゃれば、次は新婦様がブライズメイドで参加するのも素敵ですね。

神戸デゼーロの「ゲスト経験者特典プラン」では、幸せのおすそ分けでブライズメイドで参加いただいた方が、お得に結婚式ができるプランや特典をご用意しております。
https://www.deuxzero.net/plan/guest/

ブライダルフェア では、結婚式場の見学ができるほか、ブライズメイド演出を具体的にイメージするきっかけにもなりますので、お気軽にお問い合わせ、お申込みをお待ちしております。

新郎新婦とブライズメイド

フェアのご案内

デゼーロの魅力を体感!フェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

デゼーロのSNSをフォロー

instagram