• 前撮りでお願いしたい〈花嫁ソロ〉の結婚式の王道ポーズ7選

何かと慌ただしい結婚式当日。希望のスナップを残すためにも、前撮りをするカップルが増えています。今回は前撮りでお願いしたい花嫁さんだけの王道ポーズをご紹介します。

そもそも前撮りとは?

結婚式の前に撮影するから「前撮り」です。スタジオのほか、場所を移動してのロケーション撮影など実にさまざま。ゆっくり撮影できるから、とびきりお気に入りの1枚を残せるかも?

前撮りで撮りたい結婚式の王道ポーズ7選(花嫁ソロ編)

1.正面ショット

まずは全身が写るように、正面を向いて撮影を。

 

2.後ろ姿ショット

後ろ向きに立ち、振り返りながらベールやトレーンをきれいに広げてパチリ。

3.お座りショット

ふわふわなドレスの中に座る花嫁はまさにキュート♪ボリュームのあるプリンセスラインのドレスがおすすめです。

4.うつむきショット

顔を少しうつむきかげんにして撮ります。女性らしい奥ゆかしさを演出できる1枚に。

5.お顔のアップ

キレイにお化粧したお顔は是非アップで撮っておいて。前撮りならすぐ直せるので、化粧くずれの心配もありません。

6.ブーケを見つめて

ドレスに合わせたブーケを見つめての1枚。

7.マタニティならお腹に触れて…

マタニティの花嫁さんなら、お腹に手を添えた1枚を是非撮っておきたいもの。赤ちゃんへの愛おしさが伝わります。

前撮りをするメリット

当日着ない衣装を着られる

結婚式当日に着ない衣装も着られるのが前撮りの嬉しいポイント。何着も着たくて迷っている花嫁さんにおすすめ。

本番に備えての練習になる

本番に備えてヘアメイクや笑顔を作る練習になります。ヘアメイクはいきなり本番だと希望イメージとは合わないことも。また、結婚式当日は笑顔がぎこちなくなりがちなので、前撮りで練習しておけば本番も安心♪

当日残せない写真も撮れる

結婚式当日はスケジュールがいっぱいで、何かと忙しいもの。写真に残したかったのに…と希望の写真が撮れず後悔することも。前撮りならゆっくり撮影できるので、希望の写真は全て撮影することが可能です。

ドレス姿の写真を本番でも使える

前撮りをしなかったらドレス姿の写真は当日まで撮れません。前撮りで撮ったドレス姿は、ウェルカムスペースや席次表、披露宴で流すムービーに使えます。

前撮りを失敗しないためのポイント

事前に撮りたいポーズ、撮る必要のないポーズをカメラマンさんに伝えておくとベスト。前撮り前日は美肌をキープするため、夜更かし禁止。お肌の手入れは入念に済ませて、しっかりと睡眠を♪ 結婚式当日とは違う衣装も着たい!他の場所でも撮影したい!という方はこのサイトをチェックしてみて。

 

♡ 前撮りのドレスはこちら!
https://www.deuxzero.net/dress/

♡ 前撮りの挙式会場はこちらで確認!
https://www.deuxzero.net/ceremony/

 

前撮りをするカップルが増えていますので、前撮りも希望するならブライダルフェアで相談してみて。経験豊富なプランナーからアドバイスがもらえます!↓↓↓

フェアのご案内

運命のドレスを見つけよう!試着できるフェアはこちら↓↓

妊娠中の方もフェアにご参加いただけますのでお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

デゼーロのSNSをフォロー

instagram